お勧めは他の決済サービスと連動しているタイプ

電子決済サービスや銀行による電子送金がオンラインカジノの主な出金方法で、中には専用のプリペイドカードが利用できるサービスもあります。
私のお勧めは他の決済サービスと連動しているタイプで、利益をそのままお金としてお店で買い物に使えます。

大手企業の場合は利用範囲が非常に広く、食料品や日用品だけでなく家電量販店の買い物もできる為、稼ぎさせあればこれだけで生活できる程になります。

この方法はオンラインカジノの出金方法の中でも最も手軽な物に分類され、手数料も存在しないので稼いだ分をそのまま利用したい方にもお勧めです。
反対に手数料が存在しますが金融機関を利用した方法は、お金を手取りで受け取れるので稼ぎの利用範囲が際限なく広がるメリットがあります。

尚外貨で稼いだ場合はネット銀行を仲介する必要があるので、該当の為替に対応できる場所を探す必要があります。
またはアメリカのドル紙幣に変換する方法もあり、これならば稼いだお金をそのままプレイ料金として使えます。

ですがこれらの方法は全て身分証明書が必要で、場所によって提示書類に差があります。
一番有効な書類は日本国内の行政施設の名前と自身の現住所が記載された物で、現住所の記載がない時には発行時期が3か月以内の住民票か公共料金の明細書が必要です。

住所だけでなく自身の顔写真もある為多くの金融機関に対応できる

私のお勧めは住民基本台帳カードで、住所だけでなく自身の顔写真もある為多くの金融機関に対応できます。
頻繁に利用する方はスキャナで電子データとして保存しておく方法がお勧めで、その都度書類を用意する手間を省けます。

注意点はスキャナで電子データを保存時には、色調補正で見やすくする等の編集はせずそのままのデータを転送してください。
編集してしまうと出金を受け付けないオンラインカジノも多く、またスキャナではなくカメラ撮影のみに限定している場所もあります。

この様に本人確認はセキュリティの維持レベルを高くしている場所が多いので、心配な方は複数の方法で認証する場所をお勧めします。
代表例だとSMSと電話番号で認証する方法で、自身が所有する携帯端末のみで認証できる為トラブルを未然に防げるメリットがあります。

これに加えてさらに信頼度を重視する方は、小切手で稼いだお金を手にする方法がお勧めです。
オンラインカジノ側で指定された金融機関のみでの出金になる上、手数料も発生しますが手続きが人員の手で確実に行われる為安全性が高くなります。

ですが小切手を手にしても換金手続きを行う必要もあり、一定期間が経過すると小切手が無効化する点に注意してください。
多くは期間が半年間に設定されている事も多く、換金には通帳と身分証明書の他に認印が必要です。

口頭で答えたくない人は電子送金がお勧め

さらに複数枚の小切手で受け取った場合はその枚数毎に手数料が発生する上に、金融機関によっては5000円近く掛かります。
加えて即時受取ではなく一定期間後に口座に振り込まれる仕組みなので、安全性を重視する方のみにお勧めできる方法です。

ただしこの手数料発生をアメリカのドル紙幣に限定する事で、非住居者円小切手の扱いを受けない為低料金に抑える方法が存在します。
同時にオンラインカジノ側で出金額を制限している場所も存在し、この場合は取引回数と共に手数料が増えるので制限を広くしている場所でのゲームプレイをお勧めします。

留意点は金融機関の窓口を仲介する形になると必ずお金の入手経路を聞かれるので、口頭で答えたくない人は電子送金がお勧めです。
電子送金の場合は毎回身分証明を提示する必要も無く、アカウントがあればATMから引き出す方法もあるので、汎用性が高くなります。

取引場所によってはオンラインカジノの出金場所として選ぶだけでポイントが付き、一定量が溜まるとそれらもお金として引き落としできるので自身が一番得する場所を探してみましょう。